BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. CATERING
  4. ハレの日後記0409 JUNくん お誕生日会 ご家族のみなさまと

ハレの日後記0409 JUNくん お誕生日会 ご家族のみなさまと

厚木に出張してまいりました。
今回のお客様は アーティストのJUN INOUE(イノウエ ジュンさん)の お誕生日
そして 1歳の立くんの一生餅を背負う お祝いのお手伝いをさせていただきました。
JUNさんはミハラヤスヒロさんのパリコレにも
ライブペイントで参加されたり、靴のKEENとコラボレーションしたり
多彩なアーティストさんです。

スクリーンショット(2015-04-14 13.08.43) スクリーンショット(2015-04-02 12.25.22)
お母様もいらっしゃるということと、由緒ある佇まいのおうちに合わせ「和食」というというオーダー、
私のファーストイメージは参加型の 手巻き寿司をわいわい という感じでしたが、もうひとヒネリして
高知県の郷土料理 皿鉢(さわち)をちょっとアレンジしてお出しさせていただきました。
 
 
スクリーンショット(2015-04-14 20.46.30)
料理写真_0223
春の空気感と どこか家庭的なあたたかさにハレの日感を大切に紡いでみました。
料理写真_0227料理写真_0225料理写真_0228
 
旬の静岡の桜鯛を 皮切りに、お父様が作った 里芋や大豆を用いて、
そして オーダーの「牡蠣のグラタン」と「生麩」をコラボ 、牡蠣のミルクを生麩に吸わせて
ほうれん草と少なめのチーズで召し上がっていただきました。
お餅はご家族の方で
 
人_0239人_0240人_0231
手作り感満載。餅だけでなく下の敷紙もJUNさん自らこしらえる徹底ぶり、さらに感心したのが、赤の着色料を使わずにお餅を作る為に赤米を用いている徹底ぶり(スバらしい!)
モノが溢れるこのご時世、一つ一つを大切にする姿勢とあたたかさの溢れるファミリー、これからも大切にしていきたいです。
 
背負わされて、ギャン泣きするかと思いきや、むしろウエイトを楽しんでいるかのような 余裕っぷり
 
人_0230-1
行く末が楽しみです^^
テルくん家族
 
本当にたくさんの方に支えられてデザインをさせていただきました。有り難い気持ちです。
素敵なひとときをありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

関連記事